ブラック企業

社長の覚え違いが現実に!!『この計画が絵に描いた餅になればいい』

更新日:

社長の覚え違いが現実に!!『この計画が絵に描いた餅になればいい』のトップ画像
日本語って難しいですよね。

慣用句や四文字熟語、ことわざなど。

正しい意味でサラッと使えれば素敵ですが、全く見当違いな使い方をすると意味がぜんぜん通らなくなります。

私の務めるブラック企業で社長から賜った、ありがたい覚え違いを紹介します。








社長との面談

私の務めるブラック企業では、月1で社長との面談があります。

『今月の出来はどうだったか?』『仕事面で問題はないか?』『入社させた俺の友達はよく働くだろ?』など色々と話します。

仕事の話はすぐ終わり、大体は友達自慢と芸能人のゴシップネタです。

YESともNOとも言えない、『はぁ』としか言いようのない話が面談の大半を占める中、その日はいつもと違いました。



今後の計画を熱く語る

今後の売上目標はいくらだ。

こういう流れで事業を発展させていこう。

いつになく仕事について熱心に語る姿は、普通の社長像。

素敵ですね。

そんな社長からポロッと一言。

CEO_face

この計画が絵に描いた餅になればいい!

おやおやおや?


何やら覚え違いをしているような。
絵に描いた餅とは、実際には何の役にも立たないことのたとえ。
また、実現する見込みがないことのたとえ。

私は半笑いで『絵に描いた餅にしましょう!』なんて言うしかありませんでした。



覚えたての言葉を使いたがる

誰しも新しく覚えた言葉って使いたくなりますよね。

ウチの社長もご多分に漏れず、覚えたての言葉を使いたがります。

AI(人工知能)の言葉を知った時にはこんな感じでした。

CEO_face

ウチの会社にもAIが必要だよ!

この発言には『そうですね』だけで対応できましたが


CEO_face

仲間にパソコン詳しいやついるから作らせるわ!

そんなにお手軽に作れちゃうの!?

これには流石に笑いをこらえきれませんでした。



覚え違いが現実に

正しくは、『実現する見込みがない』という意味の絵に描いた餅。

これを『実現したい事柄』とおぼえ違いをしていた社長。

この絵に描いた餅が現実の出来事として起こっちゃいました。


計画はすべて白紙

勿論、計画が実ったという方ではなく、実現する見込みがない、ということで現実になりました。

まさしく絵に描いた餅状態です。

飽き性な社長のマイブームが過ぎたり、仕事よりも友達を優先したり。

朝令暮改なことを繰り返したり。

ブラック企業社長は朝令暮改!!改終わらない仕事だけが山積みになる


朝令暮改な記事はコチラです↑


途中まで寝る間を惜しんで進めていた案件がすべて白紙です。

下々はただただ社長に振り回されました。



3歩進まず 2歩下がる

結局の所、社長の面談から計画は進むことなく、むしろ会社は2歩下がってしまいました。

社長に振り回されて社員は疲弊しきっていました。

無意味な案件だけが山積みになり、無駄な残業の連続。

売上は昨対比を下回る始末。



振り返ってみると

何も得るものがなく、数ヶ月振り回されると本当に疲れます。

あの残業の日々は何だったんだろうと。

思えば餅の絵すら描けていない状態だったなと感じます。

社長に変なマイブームが来て振り回されないことを説に願います。

-ブラック企業
-,

Copyright© ブラックハットCEO , 2020 All Rights Reserved.